AQUAはーとBlog

コリドラスやネオンテトラなどの小型熱帯魚飼育日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタハラ交換

2008年10月にテクニカ製のメタハラを導入していましたが、
諸般事情で先月下旬にカミハタのファンネル2に入れ替えました。

20101114


ファンネル2とテクニカメタハラの違い

①ファンネル2の安定器は発熱量が少ない
テクニカは点灯中、安定器を持つことができませんでした。

②ファンネル2の吊り下げ用ワイヤーの微調整がラク(ワンタッチ)
テクニカは調整時、ドライバーでねじを緩める必要がありとても面倒。

③ファンネル2のほうがデザイン的にオシャレ
まぁ好みが分かれるところですね。

④ファンネル2のパッケージはきちんとデザインされていて見た目もよろしい
テクニカも新品購入でしたが、普通のダンボールに簡易的な印刷だけの状態。
高い買い物をしているのに、なんだか騙さr(ry

⑤ファンネル2のデメリットは
・安定器が大きい→しかし発熱量が少ないので私的には問題なし。
・球を交換するときに外す必要があるガラス板の固定が六角ねじ。
 ただし、工具がついているので特に問題なし。


●ファンネル2のに取り付けたランプですが、
 テクニカのときは10000ケルビンを使用していましたが、
 今回は水草水槽用と謳う8000Kを選択。

まあ、好みですねw 念のためにファンネル2用10000ケルビンの交換球も購入。
暇があれば比較実験でもしたいところですね。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/14(日) 12:53:34|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

24時間監視型PHモニター

ここ数ヶ月、毎月100時間以上の残業が続き、ついに過労で1週間寝込んでしまいました。

やっと今日の午後から体調が復活し、久しぶりにゆっくりネットを楽しんでいます。

我が家の熱帯魚もとりあえず元気です。去年産まれたチビコリは結局2匹だけ生き残りました。
すっかり大きくなり、親達と対等にえさを取り合っています。

激務のため、細かいメンテができずに大量のコケを発生させてしまい、その駆除のために今まで飼育していた
水草の大半を泣く泣く処分しました(現在バリスネリア ナナのみ)。
現在コケ撲滅作業中です。

コケ除去後に新しい水草を購入しようと通販ショップで色々見ていると、こんなものを見つけました。

24時間連続監視型PHモニター



現在こんなの使っていますが、
4年以上使用しているので、どのくらい正確に数字を出しているのかわかりません(一応定期的に校正しています)。
しかも交換電極が高価だし入手困難だし。
常にPHが見れるのは心強いです。(水質はPHを見ていればOKではありませんが・・・)
ちょっと、買い替えを検討中です。
  1. 2010/02/13(土) 23:19:19|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水槽クーラ設置

まだ気温はそんなに高くなく、人間はまだ過ごしやすいのですが、水槽はメタハラの照射で水温の上昇が止まりません。クーラー無しだと平気で水温30度付近まで逝ってしまいます。
例年だと気化熱を利用したファン冷却なのですが、コイツの弱点として…
①逆サーモを付けないと水温コントロールが面倒
→逆サーモ無しだと水温計を見ながらファンのSW入切は大変。入れっぱなしだと、夜間は水温が下がりすぎ。
②水の蒸発が激しい
③大体ワンシーズンでファンは壊れる(異音)

まあ逆サーモ持っているので、今シーズンもファンでも良かったのですが、前々から水槽クーラーに興味があり、いずれは・・・と思っていました。 が、なんと今年の4月に勤務先から永年勤続○年の小遣いをもらったので勢いでクーラーをチャームでポチりました。



ゼンスイのZR-75Eです。
GEXの新製品GXC-210とも悩みましたが、新製品の人柱になる勇気もなく、評判がよく確実なゼンスイにしました。

ゼンスイのクーラー選びの計算
で確認すると冷却対象水槽は60cm規格水槽(60L)でメタハラ150W(150L)なので、210L。フィルターや配管ロスあたりを含めても250L程度でしょう。メタハラと水面の距離によって実際は左右されると思いますが、ZR-75E(能力300L)は十分だと思います。
(GXC-210だと能力的にちょっと微妙な感じですね。)

ZR-75Eは冷却性能を発揮するには毎分15~30L/分のポンプ流量が必要です。
方針としてクーラ用に専用ポンプを使うと配管が見苦しいのでパス。
→水の循環はフィルタのみで実施することに!(水槽→フィルタ→クーラー水槽)

で、現在使用中のエーハのクラシック2213では明らかに力不足(8.3L/分)なので
流量が大きいフィルタを物色してみると・・・

15L/分を満足するフィルターはエーハの2217クラスあたりが必要。
しかし、「ホース径が一部変わる」「予算不足(クーラで4万近くするので)」と言うことで、
以下の選択条件を設定!
・単純にクラシック2213の置き換え可能(ホース径そのまま)
・流量がある程度確保可能
・できるだけ安いもの

ということで探した結果、
ユーロEXパワーフィルタ75(12.5L/分)を選択!
流量が微妙に足りないのが気になるけど、ポチりました。


肝心のクーラーを使ってみた感想。
①動作音は許容範囲。冷却ファンよりまし。我が家は冷蔵庫も近くにあるので、全く問題なしです。動作時間は1時間に1回、10分位です。
②水温計との誤差は0.5度程度。クーラーのデジタル表示ほうが低い。クーラ25度のとき水温計は25.5度です。
③ユーロEXパワーフィルタ75(12.5L/分)で十分性能を発揮しているようです。

夏場の一番暑い時期は今からなので、ピーク時にまたレポートしたいと思います。

  1. 2009/06/14(日) 14:45:50|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Nak

Author:Nak
AQUAはーとBlogへようこそ!

AQUAはーとホームページ

本ブログはホームページと連携しています。ホームページのほうもヨロシクお願いします(水槽のライブ映像配信もやっています)

ホームページへ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

.

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ(2005.12.6~)

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ランキングに参加しています!
お帰り前にワンクリックしていただけると嬉しいです!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。