AQUAはーとBlog

コリドラスやネオンテトラなどの小型熱帯魚飼育日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新顔です。パート2

11月26日に30cm水槽と60cm水槽に新顔がやってきました。
元々,コリドラス・アドルフォイを買いに(笑)行ったのですが,
あいにく,販売が見合わされていました。残念。
手ぶらで帰るのも勿体無いので,以前より嫁が30cm水槽用に欲しがっていた,赤系の魚を物色することに…
いろんな種類がいて目移りしますが,最終的には
20051128_001

ロバーティ・テトラ×2(一匹400円)を連れて帰ってきました。
水槽が小さいので小数しか飼育できないのが残念です。
オスの婚姻色が綺麗になると言うことで楽しみにしています。(同性2匹だったりして…)

そして60cm水槽ですが,こちらはアマゾンソードに糸状の藻がついているので,
その糸状の藻を食べてくれる魚を入れてみようと思いました。
20051128_002

悩んだ挙句,ペンシルフィッシュ仲間であるナノストムス・ベックフォルディを3匹(一匹160円)連れて帰ってきました。名前をナカナカ記憶できません(汗)

腹ビレにあるブルーのワンポイントがとても綺麗でコレに惹かれました。
図鑑の写真を見ると赤いラインがボディに入るみたいですが,我が家のベックフォルディはとても赤が薄いです。ずいぶん水槽に慣れてきたみたいで,期待通り,糸状の藻をツンツンしています。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 21:32:00|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

pHメータのその後

常時監視型pHメータをゲットして約1ヶ月たちました。取り付けた直後は、蛍光灯のスイッチをON/OFFするだけでリセットしてしまい、その度に校正していたので、「使い物にならないじゃん」と思っていました。後日、ノイズフィルタ入りのタップ(350円)を買ってきて、それを経由して電源を供給するとリセットが発生しない事がわかりました。雷ガード機能付なので、他の装置もここから電源を供給しています。

で、常時監視の成果ではないのですが、1日におけるpHの変化の傾向が解りました。
朝は大体6.8前後、そして徐々に上昇し、夜に照明を消す時は大体7.2前後と言うことが判明しました。照明をつけるとpHは上昇し、消すと降下しているみたいです。水草の光合成や魚の活動が関係しているのかどうかサッパリわかりませんが、明るくしておくとpHは上昇傾向のようです。
20051125_001

そしてpHセンサーの固定ですが、最近になって良いものを見つけました。シャワーパイプの固定用吸盤が余っていたのでセットしてみるとピッタリ♪安定して固定することが出来ました。
20051125_001



  1. 2005/11/25(金) 20:38:00|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

久しぶりにコリちゃんネタ・・・

最近ブログでコリドラスネタを全く書いていない事に気づきました。
コリちゃんたちは絶好調です。日々の変化が無いのでブログへの登場が少なくなってしまいました。
エサの時、レッドグラミーに追い掛け回されていますが、気にすることなく(恐らく)、底砂をホジホジしています。(追い掛け回されてストレスになっているのではないかと心配。対策が必要かも・・・)
20051121

アドルフォイが一匹で寂しそうなので、もう一匹入れたいのですが…
結構高価なのです・・・(泣)。


  1. 2005/11/21(月) 21:42:00|
  2. コリドラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

zicraの硝化菌ろ過材

60cm水槽のフィルターにエーハイム・クラシック2213を使用しています。ろ材は標準で付属していた粗目スポンジと細目スポンジが大半を占め、残りは活性炭とzicraの硝化菌ろ過材が「気持ち」入っています。

2213にはスポンジが沢山入っているので物理ろ過は問題ありません。現状でも生物濾過も行われていますが、バクテリアを定着させるのに有効なリングろ材が少なすぎます。
リングろ材であるzicraの硝化菌ろ過材は元々30cm水槽のテトラ製の外掛けフィルターに入れるために購入していたもので、余った物を2213に投入していたのです。

これは、ただのリングろ材ではなく、硝化菌を瞬時に立ち上げてくれるそうです(どこまで信じてよい物か・・・)。新規に水槽を立ち上げる時に有効だと思います。
少量ですが、しばらく使用した感じで不満は無いので機会があれば、追加で欲しいなーと思っていました。

通常zicraの硝化菌ろ過材はショップやホームセンターでは容量900mlで2,000円オーバーとチョット高価。 あきらめて、もう少し安いのを買おうと思っていました。

しかし幸運なことに通販でzicraの硝化菌ろ過材を格安で販売しているところを発見。迷わず購入。明日、フィルター(2213)を掃除する予定なので、リングろ材を追加します。
20051118




  1. 2005/11/18(金) 21:25:00|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

シルバーライヤーモーリーさん

風邪をひいてしまって、更新できませんでした。ゲホゲホ。う~ん病弱((+_+))

ところで、我が家のシルバーライヤーモーリーの尾びれ近くのお腹が黒くなったので
子を産むのか!と期待していましたが、結局お腹は大きくならず、時間だけが過ぎました。

念のために産卵箱に入れていたのですが、産みそうな気配がなくなったので、とりあえず「開放」してあげました。

産卵箱から開放してあげた直後、今までずっと自由だった他のモーリーたちが、襲い掛かってきました。 ちょっと表現が乱暴でしたが、良く見るとお腹の黒いモーリーの肛門付近をつついたりしています。

なんだか分かりませんが、これが繁殖行動?あわててデジカメの動画撮影モードで記録しました。ファイルサイズが大きくなったので、時間を見つけて編集し、HPにアップしたいなと思っています。

産むの?産まないの?どっちなの?初めての経験なので、楽しみに観察しています。
20051117



  1. 2005/11/17(木) 22:12:00|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三色のミナミヌマエビ

30cm水槽の住民にエサを与えると今日はミナミヌマエビが水槽の手前に集結してくれました。
底に落ちたエサをパンダやモーリー達に奪い取られる前に見つけようと必死で極小のハサミを使い底を突付いています。
良く見ると、みんな色が違います。
20051111_001

緑・黒・茶です。同一水槽でこんなに色が違ってくるんですね。
レッドビーシュリンプのような鮮やかさはありませんが、初心者の私には「ミナミ」さんでも
十分楽しませてもらっています。
いずれはレッドビーシュリンプに挑戦したいと思っていますが、専用水槽を追加で立ち上げる勇気が無いので当分先になりそうです。(水槽は増やさないでね!といつも言われています)
20051111_002



  1. 2005/11/11(金) 22:04:00|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レッドルドヴィジアの生長

先月下旬にレッドルドヴィジアを植え、10日ほど経過した時点で、先端が水面に
到達してしまいました。こんなに生長が早いとは・・・オドロキ
20051106_001


20051106_002
この10日間の期間に光合成促進用蛍光灯を追加した影響でしょうか?
しかし、他の水草の生長が加速した感じはありません。種類が違うので当然ですかね?

また、レッドルドヴィジアを植えた当初は茎が赤く葉は緑でしたが、徐々に茎から赤みが消え、上部に生えている葉が真っ赤になってしまいました。水槽内でとても映えています。

一応トリミングしてみましたが、また水面に到達するのは時間の問題・・・
手間はかかりますが、元気に生長してくれるのは嬉しいものです。
20051106_003



  1. 2005/11/06(日) 18:57:00|
  2. 水草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

飛び出し防止のフタ設置!!

先日のネオンテトラ飛び出し事件の後、特急で必要となった水槽のフタをゲットしました。
ショップに行けば、専用のガラスフタがありますが、今回はチョット特別です。

ガラスフタではなく、アクリルフタです。しかもオーダーメイド!
看板屋を経営している友人がおり、アクリル板の切れ端が沢山あることを知っていたので、
それでフタが出来ないか電話で相談。
快く引き受けてくれたので、自分の水槽に合わせた寸法図を急いで作成。

今日の夕方に待ち合わせし、わずか15分程度で作ってもらいました。
しかしアクリル板は熱に弱いので蛍光灯の熱で反り返るかもしれないとのこと。
今回は5mm厚で作ってもらいました。

友人も過去にコリドラスなどの熱帯魚を飼っていたということで話が弾みました。
20051103

感謝感謝。


  1. 2005/11/03(木) 20:48:00|
  2. 器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

飛び出し事故

 今朝,60cm水槽の魚にエサをやる為に照明をつけると,そこには悲しい状況が待っていました。
水槽の前に置いてある水濡れ防止用のマットの上に一匹の魚の姿が…
最大サイズまで成長したネオンテトラです。既に半分乾燥しています。

 以前に30cm水槽でネオンテトラを飼育していた時も一匹,飛び出し事故で落命させたので,
それ以降30cm水槽は水位を下げ気味にしたり,フタをするなどしていました。

 後にネオンテトラを60cm水槽に引越しさせ,飛び出しが気になっていたのですが,
60cm水槽は
・照明で半分くらいは上部が覆われている
・水槽の上部枠があるので,オールガラス水槽よりは飛び出しにくいと思った
・水面から水槽の最上部まで4cm位の高さがある
と言うことで大丈夫だろうと思いフタをせずにいました。
(買わなくても大丈夫だろうと思っていました)

飛び出せる場所が限られているし,4cm以上ジャンプしないと水槽から
飛び出すことは出来ないと思っていたのですが…

これ以上の犠牲魚を出さない為にフタを早急に準備しようと思います。

フタは基本ですよね。甘く見ていました。初心者なので,その重要性に気付くのが遅れました。

 すっかり人になれていたネオンテトラだったので朝から落ち込んでいますが,
それよりも,こんなミスで落命させてしまったことに申し訳なく思っています。
20051101


出勤前,庭に埋葬してあげました。
  1. 2005/11/01(火) 21:08:00|
  2. その他熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Nak

Author:Nak
AQUAはーとBlogへようこそ!

AQUAはーとホームページ

本ブログはホームページと連携しています。ホームページのほうもヨロシクお願いします(水槽のライブ映像配信もやっています)

ホームページへ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

.

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ(2005.12.6~)

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ランキングに参加しています!
お帰り前にワンクリックしていただけると嬉しいです!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。